2009年08月27日

これも砥ぎます


ラシャ挟み。

布きり挟みです。

東京下町の骨董市で見つけました。

なんと手打ち、正太郎(月に蟹の刻印)の27cmです。

少しだけ値切りましたが、気持ちよくゲット。

砥ぎが良くないのは判っていましたが、持ち帰れば何とかなります。

弊社では布きり挟み、華バサミ、握り挟み等も喜んで砥ぎお受けします。

自宅でねんねしている貴重品、起こして下さい。

もったいない。


★ご注文・お問い合わせは★

お待ちいたしております


★電話でのご注文・お問い合わせは★

TEL(048)431-6600


  


Posted by 輝 at 06:15Comments(0)

2009年08月13日

古典ナイフの砥ぎ


タイの伝統工芸、カービング。

良く使われる古典ナイフ。

刃先がデリケートですので、うっかり落としたりで刃先が曲がる、かけるが起こります。

当社ではその曲がりや刃先のかけも含めて、研ぎなおしさせていただきます。

これが意外なほど好評です。

無理だと思いあきらめてましたの声も多かったようです。

先日もお受けし、お渡ししました。

感激の一言でした。

もったいないもありますが、愛着ある一本です。

なおして使いましょう。

良い作品が出来ますよ。


★お問い合わせは★

スタジオ・サイアム様まで

  


Posted by 輝 at 15:35Comments(0)

2009年08月05日

引き出物


最近は結婚式の引き出物(親戚限定ですが)やお祝い物に包丁を送る方がいらっしゃいます。

以前は縁起が悪いと刃物は嫌われました。

最近の若い方は拘りません。

心配はしていたのですが、受け取った方からお褒めをいただいたとの報告も頂戴しました。

使わないお盆、鍋より毎日使う包丁がありがたいと。

徳蔵では
魔を切り、人生を切り開くと考えました。

お名いれ喜んで、お受けします。

心込めて職方が刻みます。

錆びにくい鋼の逸品です。  


Posted by 輝 at 08:26Comments(1)