和包丁製作工程(鍛接)

鍛接、この工程はとても重要なポイント。
注)ステンレス系鋼(銀3、V金)は一部工程が変わります。
  あらかじめプレス工程で作成された利器材使用します。

うっかりするとこの工程で不良品(あいけと呼びますが)が出てしまいます。

集中力・技が大切です。

地金(軟鉄)に刃金(鋼)を付ける工程。
硼砂(ほうしゃ)と酸化鉄を接着剤として使い地金を約900度前後の温度帯で加熱し、
ベルトハンマーで叩きながら形を造る。

「わかし接け」と呼ばれます。
和包丁製作工程(鍛接)
和包丁製作工程(鍛接)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。