模擬刀:刀身と刃文

以前は刀身の材質は亜鉛合金が多く使われました。

重い材質で、金属疲労が問題になり、今では装飾刀(飾り用)に
主に使われるようです。

亜鉛合金の時代に、重さを調節する為、薄く砥ぐ作業(薄砥ぎと呼ばれます)
が行われました。

最近は新しい材質が使われ、幾分軽めの物が多くなりました。

呼び名は各社それぞれですが、
超硬合金
居合用特殊合金
Z刀身
などなどと多彩です。

製造方法は砂型鋳物です。

アルミ系の材料も含まれているようですが、製作元でも企業秘密があるので、
あまり詳しく記載できません。
重量は刀身の長さによりますが、
標準刀身:720gから880g位
軽量刀身:720gから770g位
幅広刀身:850gから1280g位
となります。

いずれにせよ、丈夫で軽く、バランスが良くなった事には違いありません。

尚、刃文は直刃(スグ刃)以外は各職人のこだわりもあり、同じ乱れ(みだれ)
刃文でも少し違いがあります。

材質呼称:超硬合金、刃文呼称:直刃(スグ刃)
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:超硬合金、刃文呼称:乱れ(みだれ)
模擬刀:刀身と刃文
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:超硬合金、刃文呼称:乱れ(みだれ)切っ先
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:居合用特殊合金、刃文呼称:直刃(スグ刃)
模擬刀:刀身と刃文
材質呼称:居合用特殊合金、刃文呼称:直刃(スグ刃)切っ先
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:居合用特殊合金、刃文呼称:乱れ(みだれ)
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:居合用特殊合金、刃文呼称:のたれ
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:居合用Z刀身、刃文呼称:三本杉(さんぼんすぎ)
模擬刀:刀身と刃文
模擬刀:刀身と刃文

材質呼称:居合用Z刀身、刃文呼称:三本杉(さんぼんすぎ)切っ先
模擬刀:刀身と刃文



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。