模擬刀:柄・金具

柄は使い手と刀を繋ぐ大切な部分です。

ゴルフクラブで言えばグリップです。

それ故に、太さ・長さ・巻く糸(皮なども)も吟味する必要があります。

とはいえ、模擬刀の場合には、真剣と違い、オーダーで色々な太さを
準備する事は、コスト的にも無理があります。

当社とて同じですが、とりあえず、普通、やや細と二種類があります。

女性にはやはり、やや細が必要でしょうね。
新製品では両立鼓型(つずみの様に中程が細身)もございます。

柄と各部位金具の説明です。

柄全景
模擬刀:柄・金具
柄の先端は頭部分です。
柄頭などと言います。
この部位の金具を頭金具と言います。
模擬刀:柄・金具
模擬刀:柄・金具

柄の右手に見える竹の釘が目釘です。
刀身の中心・茎(なかご)と柄を繋ぐ重要な部分です。
海外向けの場合には、柄の長さが長い事もありますが、
2本目釘にする場合もあります。

柄の中ほど右に位置する金具が目貫(めぬき)言います。
柄の左右(表裏)に付き、裏側の目貫は、少し頭寄りに
付きます。
模擬刀:柄・金具

繁華街などにぎやかな通りは目抜き通りと言いますが、
刀でも一番目立つ所に付けられる金具です。

柄に巻かれた白い皮。これは鮫皮です。
良い部分を使います。
残りは(目の細かな部分)はお寿司屋さんなどでは山葵下ろしに使います。

余談ですが、坂本龍(竜)馬の愛刀「吉行」の使用金具には
はっきりした説がありません。

憶測ですが、千葉道場などに向かう旅の途中、路銀に困り、売ったのではないか?

また、お金が出来たら、新しく買ったのではないか説です。

違っていたなら「ごめんなさい、竜馬どの」。

柄の鍔に近い部分を縁と言い、ここに付ける金具は縁金具です。
模擬刀:柄・金具

その右はご存知「鍔」です。
模擬刀:柄・金具

ついでで恐縮ですが、鍔の前にあり、刀身との繋ぎ部分に位置する
金具が「はばき」です。
模擬刀:柄・金具

刀が鞘から不用意に抜けないようにする役目を担います。

また、はばきと鍔の間にあり、鍔がガタつかないように、押えている(鍔をサンドイッチ)
金具が切羽(せっぱ)です。
模擬刀:柄・金具

切羽詰まると言いますが、しっかり鍔をガードして、動かない(がたつかない)用にする
役目を担います。

柄糸には色々な材料が使われます。

好みもありますが、綿糸、正絹糸、皮が代表的な材料です。

綿柄
模擬刀:柄・金具
模擬刀:柄・金具

正絹柄
模擬刀:柄・金具
模擬刀:柄・金具

黒皮柄
模擬刀:柄・金具
模擬刀:柄・金具

黒裏皮(合皮)
模擬刀:柄・金具
模擬刀:柄・金具



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。