ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました

DIA極細目で極小、極薄のナイフを砥いで見る。
ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました
カービングナイフは切っ先から2,3cmの切れ味が大切。
スーーット刃先が入れば作品の出来栄えも良いものに。
ブレードが薄いので治具を使わないと砥ぎにくいカービングナイフ。

DIA極細目で砥ぐときにDIA砥石面にも水をかけて砥いで見る事にしました。

明らかにスムーズで研磨力も少し落ち着いていました。
これなら砥ぎ過ぎることも防げるはず。

極小、極薄のナイフの場合は最初から水をかけて砥いだ方が良いです。

木の棒(トグジグ君)も活躍します。
なければ割り箸(割らずに使う)で代用できます。
砥ぎの補助用具(治具)を自作して、使う事は宮大工さんから教えていただきました。
カンナ、ノミなどを砥ぐ場合には使うそうです。
ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました
砥ぎの工程はこんな感じです。
撮影の便宜上、DIA砥石面には水をかけてはありませんのでご理解下さい。
コツは刃先を押さえて峯部分を少し浮かして砥ぐ事です。
ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました
ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました
登場したナイフはスタジオサイアムさんのオリジナルナイフです。
鋭い切れ味と美しいフォルムのカービングナイフです。
ダイヤモンド砥石でカービングナイフを砥いでみました

スタジオ・サイアム



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。